【スポンサーリンク】

ケビン・デュラントがネッツのケミストリーについて「チームUSAでの経験が役立っている」

ケビン・デュラントがネッツのケミストリーについて「チームUSAでの経験が役立っている」

ブルックリン・ネッツはシーズン中のトレードでNBAを代表するスーパースターのジェイムス・ハーデンを獲得した。

ネッツにはすでにカイリー・アービングとケビン・デュラントという偉大なスーパースターがいたことから、ハーデンが加わることでボールのシェアが懸念されていたものの、3選手はそれぞれの役割をこなし、現時点で大きな問題点は見られていない。

3選手全員が揃ってプレイする機会はまだ少ないが、それぞれがチームのために犠牲になり、NBAタイトル獲得へ向けて突き進むだろう。

そんな中、デュラントがアービングとハーデンとのケミストリーに言及した模様。

デュラントによると、チームUSAで共にプレイしたことがネッツでのケミストリーに役立っているという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

チームUSAでの経験が間違いなく役立っていると思う。

なぜなら、あの環境にいると、自分自身を犠牲にするとまでは言わないが、互いのエゴをチェックし、それを使うべき時を見極めなければならないからね。

何かが起きた時は互いに責任を取る。

それが互いのプレイを学ぶのに役立っていると思うんだ。

ジェイムスはここに来てからすぐ、僕たちを呼び出し、彼がどう見ているのかを教えてくれた。

僕たちのゲームIQとコミュニケーションが僕たちを助けているんじゃないかな。

ネッツはバイアウト市場でブレイク・グリフィンとラマーカス・オルドリッジを獲得し、ロスターのさらなる補強に成功した。

主力選手たちの怪我が懸念されるところだが、誰が離脱しても大きく崩れることはないだろう。

果たしてネッツはNBAタイトルを獲得することができるだろうか?

なお、今季のアービング、ハーデン、デュラントのスタッツは以下の通りとなっている。

K・アービングJ・ハーデンK・デュラント
出場試合数384221
平均出場時間35.237.134.4
平均得点27.6
(キャリアハイ)
25.228.1
平均リバウンド4.88.07.3
平均アシスト6.010.95.2
平均スティール1.21.20.7
平均ブロックショット0.6
(キャリアハイ)
0.71.4
平均ターンオーバー2.24.13.9
FG成功率51.4%
(キャリアハイ)
46.3%52.8%
3P成功率39.8%35.8%43.7%
(キャリアハイ)

フリースロー成功率
90.7%87.0%87.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA