【スポンサーリンク】

元メッタ・ワールドピース「レブロン・ジェイムスはもう終わったと思っていた」

元メッタ・ワールドピース「レブロン・ジェイムスはもう終わったと思っていた」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、足首の問題に悩まされている。

先日の試合で復帰したものの、2試合に出場した時点で足首を悪化させ、再び離脱を余儀なくされたジェイムス。

この怪我によりパフォーマンスレベルの低下が危惧されているが、元レイカーズのメッタ・ワールドピースことメッタ・サンディフォード・アーテストによると、ジェイムスの今季の活躍に驚いているという。

アーテストはジェイムスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

正直に言うと、彼はもう終わったと思っていた。

数年前、彼のスピードは落ち始めていた。

彼はこのまま落ち始め、40歳になったら引退するのではと、僕は思っていたんだ。

これほどのプレイをするとは思っていなかった。

彼は今もすごく良いプレイをしているよね。

彼はこれから3年以上はあのレベルでプレイし続けるだろう。

憧れの存在だ。

一方のジェイムスは先日、「100%の状態に戻ることはない」とし、レイカーズファンを心配させた。

ジェイムスのNBAキャリアは足首の怪我で低迷し始めてしまうのだろうか?

ジェイムスにはプレイイントーナメントもしくはNBAプレイオフで、今もNBAトップレベルの選手であることを証明し、息子がNBA入りするまでコンディションを維持してもらいたいところだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数431308
平均出場時間33.738.2
平均得点25.027.0
平均リバウンド7.97.4
平均アシスト7.87.4
平均スティール1.0
(キャリアワースト)
1.6
平均ターンオーバー3.83.5
FG成功率51.3%50.4%
3P成功率36.6%34.5%
フリースロー成功率70.1%73.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA