【スポンサーリンク】

ディアンジェロ・ラッセル「レイカーズ時代のバイロン・スコットHCは最悪だった」

ディアンジェロ・ラッセル「レイカーズ時代のバイロン・スコットHCは最悪だった」

2015年のNBAドラフト2位でロサンゼルス・レイカーズに入団したディアンジェロ・ラッセルには、チームを牽引するスーパースターへの成長が期待されていた。

だが、バイロン・スコットがヘッドコーチとして指揮を執ったルーキーシーズンはクラッチタイムでベンチに下げられるなどし、それがラッセルの成長を妨げたという声もある。

では、ラッセル本人は当時、スコットをどう思っていたのだろうか?

ラッセルは当時を振り返り、次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

彼はバカだった。

彼は意味もなくただ意地が悪かったと思う。

彼は信頼できる人間さ。

だが、コーチとしての彼はひどかった。

彼の仕事ぶりはひどかった。

ただ、当時の僕は若かったんだ。

彼と話すのを避けるためにあらゆる手を尽くしたものさ。

ラッセルによると、当時のスコットはジュリアス・ランドルに対しても適切に対応していなかったという。

ラッセルがスコットの下でプレイしたのはわずか1シーズンだったが、それだけに強烈な負のイメージが残っているのだろう。

なお、スコットがレイカーズを指揮した2014-15シーズンは勝率25.6%(21勝61敗)、2015-16シーズンはフランチャイズ史上ワーストと成る勝率20.7%(17勝65敗)にとどまり、レイカーズはスコットを解雇した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA