【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ゲーム前のルーティンを妨げられる

スーパースターのレブロン・ジェイムスは、ティップオフ前に滑り止めのパウダーを手にまぶし、そのパウダーを空中高く舞い上げることをルーティンワークのひとつとしている。

ホームゲームでもロードゲームでも同じルーティンワークを続けているジェイムス。

だが、現地23日のブルックリン・ネッツ戦ではお決まりのルーティンワーク中止を余儀なくされたようだ。

Bleacher Reportによると、滑り止め用のパウダーが用意されておらず、ジェイムスはルーティンワークができなかったという。

この日はネッツのホームゲーム。

レイカーズの支柱であるジェイムスのリズムを崩すため、ネッツはわざとパウダーを用意しなかったのだろうか?

それとも単なるミスだったのだろうか?

いずれにせよ、今後のロードゲームでは自ら滑り止め用のパウダーを用意しなければならないかもしれない。

なお、ルーティンワークを失ったジェイムスは27得点、12リバウンド、10アシスト、1スティール、1ブロックショットとトリプルダブルの活躍を見せ、レイカーズを勝利に導いた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA