【スポンサーリンク】

ルディ・ゴベールが3月のマイクタッチ問題について「雰囲気を盛り上げようとしただけ」

ユタ・ジャズのオールスターセンター、ルディ・ゴベールは今年3月、メディアインタビューの場でマイクに遠慮なく触れた行為により批判を浴びた。

なぜなら、その数日後にNBAで初めて陽性反応が出た選手となってしまったためだ。

その結果、チームメイトのドノバン・ミッチェルにも陽性反応が出てしまい、ミッチェルは不用意な行動をしたゴベールに怒りを感じていたと報じられた。

あれから9カ月以上が経った今、ゴベールがマイクタッチ問題について言及した模様。

ゴベールによると、単に場の雰囲気を盛り上げようとしてやったことだったという。ゴベールのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

悪気はなかった。

メディアが僕たちのすぐそばでインタビューできなくなったと知ったのは、その日が最初だった。

分かっていると思うが、あの時の僕たちには今ほど情報がなかった。

僕は雰囲気を少し盛り上げようとしてやっただけだ。

あの時に戻れるなら、もちろんやらないよ。

激しく批判されたゴベールはその後、自身の行為について「軽率だった」と謝罪した。

ゴベールの軽率な行動は褒められるものではなかったが、NBAのその後の状況はゴベールの責任ではない。

ミッチェルと和解し、オフシーズン中にジャズと5年2億500万ドルの大型延長契約を結んだゴベール。

ミッチェルとともにこれからもジャズの顔としてプレイし、過去の汚名を晴らす活躍を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA