【スポンサーリンク】

大逆転負けのドック・リバースHC「これもスポーツの一部」

大逆転負けのドック・リバースHC「これもスポーツの一部」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズは現地16日、アトランタ・ホークスとのNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第5戦を落とし、シリーズを2勝3敗とした。

一時は26点もの大量リードを奪ったものの、終盤に連続15失点を喫し、まさかの逆転負けを喫してしまったシクサーズ。

指揮官のドック・リバースHCによると、第6戦に勝利し、再びホームに戻ってくる自信があるという。リバースHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

我々は再び立ち上がる。

第7戦のためにここに戻ってくる。

そう信じているよ。

これもスポーツの一部さ。

ひどい時もある。

我々は墓穴を掘ってしまったのだから、それを認めなければならないし、我々全員が立ち上がり、次戦の準備をしなければならない。

リバースHCによると、第5戦のシクサーズはボールムーブメントが十分ではなく、ボールを回そうとしたのは7本の3ポイントを決めたセス・カリーただひとりだったという。

リバースHCは3つのチームでNBAプレイオフシリーズで3勝1敗とリードしながらも逆転負けを喫した唯一のNBAコーチだ。

もしシクサーズがこのシリーズを落としてしまった場合、リバースHCの不名誉な記録は再びクローズアップされるだろう。

果たしてシクサーズは第6戦と第7戦を制し、2000-01シーズン以来となるNBAプレイオフ・カンファレンスファイナルに勝ち進むことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA