【スポンサーリンク】

ノーマン・パウエルがオプション破棄で完全FAに

ノーマン・パウエルがオプション破棄で完全FAに

NBAキャリア6年目をポートランド・トレイルブレイザーズの一員として終えたノーマン・パウエルが、FA市場で自身の価値を試すことを決断した模様。

yahoo.comによると、パウエルはNBA2021-22シーズンのプレイヤーオプションを破棄し、完全FAになることを決断したという。

パウエルのオプションの期限は現地22日であり、パウエルはその日までに決断しなければならなかった。

パウエルは2020-21シーズン中のトレードでトロント・ラプターズからブレイザーズに移籍。

ブレイザーズ移籍後はスターターとしてプレイし、重要なスコアリングオプションのひとりとして活躍した。

高い身体能力を誇るパウエルの市場価値は高まっており、複数のNBAチームがパウエルに関心を示しているという。

ブレイザーズはパウエルとの再契約を優先事項のひとつとしているというが、サラリーが跳ね上がるのは間違いないだろう。

なお、パウエルのブレイザーズ移籍後とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

移籍後NBAキャリア
出場試合数27376
平均出場時間34.421.2
平均得点17.010.4
平均リバウンド3.32.5
平均アシスト1.9
(キャリアハイタイ)
1.4
平均スティール1.3
(キャリアハイ)
0.8
平均ターンオーバー1.61.1
FG成功率44.3%46.3%
3P成功率36.1%37.7%
フリースロー成功率88.0%
(キャリアハイ)
83.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA