【スポンサーリンク】

ランス・スティーブンソンがGリーグのドラフト参戦へ

ランス・スティーブンソンがGリーグのドラフト参戦へ

NBA復帰を目指すランス・スティーブンソンは、昨季を中国のチームで過ごした。

現在はNBAチームとの契約を狙い、ワークアウトに励んでいるというが、NBA復帰への足がかりとしてGリーグにチャレンジすることになるかもしれない。

HoopsRumorsの記者によると、FAガードのスティーブンソンはGリーグと契約し、現地23日に開催されるドラフトに参戦するという。

スティーブンソンがNBAでプレイしたのは、ロサンゼルス・レイカーズに所属した2018-19シーズンが最後。

以降はNBAチームからオファーをもらえない状況が続いている。

インディアナ・ペイサーズでのNBAキャリア序盤は将来を期待されたものの、ペイサーズを離れた途端に厳しいNBAキャリアを強いられるようになったスティーブンソン。

ペイサーズ時代のようなパフォーマンスを取り戻すのは難しいかもしれないが、Gリーグで結果を残し、NBAチームにアピールしたいところだ。

なお、スティーブンソンのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームインディアナ・ペイサーズ
シャーロット・ホーネッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
メンフィス・グリズリーズ
ニューオーリンズ・ペリカンズ
ミネソタ・ティンバーウルブズ
ロサンゼルス・レイカーズ
出場試合数508
平均出場時間23.4
平均得点8.6
平均リバウンド4.2
平均アシスト2.9
平均スティール0.7
平均ターンオーバー1.6
FG成功率44.4%
3P成功率31.5%
フリースロー成功率68.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA