【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワードが息子の言葉に「どう返せばいいのか分からなかった」

ロサンゼルス・レイカーズのベテランビッグマン、ドワイト・ハワードには、6歳の息子がいる。

その息子にとって、今年は非常に辛い1年となってしまった。

今年2月に母をてんかんの合併症で亡くしてしまったのだ。

ハワードは悲しみに明け暮れる息子をバブルに呼び、同じ時間を過ごしている。

ハワードによると、息子の手本になるように常に心がけると同時に、息子に背中を押されているという。ハワードのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼にとってはすべてだと思う。

彼はこの瞬間を決して忘れないだろう。

僕も忘れない。

バブルに来た時に彼とじっくり話をしたのだけれど、彼にこう言われたんだ。

「今年は人生最悪の1年だ。どうして人生はこんなにも辛いの?」とね。

どう返したらいいのか分からなかったよ。

でも、僕は彼の正しい手本になるよう毎日努めている。

コートの上でもコートの外でもね。

僕がベストを尽くすよう、彼は僕をプッシュしてくれているんだ。

ハワードはコート上でもベンチでも常に声を出し、チームメイトたちを鼓舞している。

チームのためにできることすべてをする姿勢を息子に見せ、人生の糧にしてもらいたいと考えているのだろう。

NBAファイナルでも息子に恥じないプレイを見せ、背中を押してくれる息子に最高のプレゼントを贈りたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA