【スポンサーリンク】

キャブスがウルブズとのトレードでリッキー・ルビオ獲得

キャブスがウルブズとのトレードでリッキー・ルビオ獲得

再建中のクリーブランド・キャバリアーズとミネソタ・ティンバーウルブズの間でトレードが合意に達した模様。

ESPNの記者によると、このトレードでキャブスはリッキー・ルビオ、2022年のNBAドラフト2巡目指名権、キャッシュを獲得し、ウルブズにトレーン・プリンスを放出するという。

キャブスはダリアス・ガーランドやコリン・セクストンなどガード選手を豊富に擁している一方で、マシュー・デラベドバがNBAを去ったため、コート上でリーダーシップを発揮できるベテランポイントガードがいない。

経験豊富なルビオにはキャブスの若手たちのメンターとなる働きも期待されるが、さらなるトレードの可能性も十分ありそうだ。

ここ数年は移籍が相次ぎ、ホームとなるNBAチームを見つけることができていないルビオ。

それに屈せず、来季をNBAキャリア復活のきっかけとなるシーズンにしてもらいたい。

なお、ルビオの2020-21シーズンとNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数68631
平均出場時間26.130.4
平均得点8.6
(キャリアワースト)
11.0
平均リバウンド3.3
(キャリアワースト)
4.2
平均アシスト6.47.6
平均スティール1.41.8
平均ターンオーバー1.62.6
FG成功率38.8%39.1%
3P成功率30.8%32.5%
フリースロー成功率86.7%84.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA