【スポンサーリンク】

ビリー・ドノバンHC「ラウリ・マルカネンをリスペクトしている」

ビリー・ドノバンHC「ラウリ・マルカネンをリスペクトしている」

NBAキャリア4年目を終えたシカゴ・ブルズのラウリ・マルカネンは、この夏に制限付きFAになる。

今季のマルカネンは十分なパフォーマンスを見せることができず、スターターの座を失うと、シーズン中にはトレードの噂が浮上。

トレードは実現しなかったものの、ブルズはオフシーズン中にマルカネンを放出すると噂されている。

そんな中、指揮官のビリー・ドノバンHCがマルカネンに言及した模様。

ドノバンHCによると、マルカネンには改善すべき点があるものの、コーチ陣の要求に常に応えようと努力していたという。ドノバンHCのコメントをNBC Sports Chicagoが伝えている。

彼は肩を怪我し、長期離脱し、オールスターブレイク後に復帰した。

そして数試合プレイした後、我々はまったく異なるチームになった。

彼は彼自身を再構築し、彼自身を見つけ出さなければならない。

私が常にラウリに要求しているひとつは、チームに利益をもたらすために戦い、プレイし、出場時間を最大限利用するということだ。

彼は常にそうしてくれている。

私はそんな彼をリスペクトしているし、感謝しているよ。

3月のトレードでNBAオールスタービッグマンのニコラ・ブーチェビッチを獲得したブルズには、NBAプレイオフ進出の期待がかかっていた。

だが、ブーチェビッチとマルカネンの相性は決して良くなく、またNBAオールスターのザック・ラビーンの離脱も影響し、イースタン・カンファレンス11位で今季を終えた。

マルカネンには「環境を変えることでステップアップする可能性がある」という声もあるが、果たしてブルズはマルカネンにどう対処するのだろうか?

なお、ブルズはこのオフシーズン中にガードのトマス・サトランスキーとフォワードのサディアス・ヤングをウェイブする可能性があると報じられている。

マルカネンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りだ。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数51221
平均出場時間25.829.5
平均得点13.6
(キャリアワースト)
15.6
平均リバウンド5.3
(キャリアワースト)
7.1
平均アシスト0.9
(キャリアワースト)
1.2
平均スティール0.5
(キャリアワースト)
0.7
平均ターンオーバー1.01.4
FG成功率48.0%
(キャリアハイ)
44.0%
3P成功率40.2%
(キャリアハイ)
36.6%
フリースロー成功率82.6%84.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA