【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンはロケッツを離れた後にヒューストンが恋しくなった?

ジェイムス・ハーデンはロケッツを離れた後にヒューストンが恋しくなった?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスターガード、ジェイムス・ハーデンは先日、古巣ヒューストン・ロケッツへの復帰を真剣検討していると報じられた。

ハーデンはロケッツ復帰の噂について質問されると、「なぜクリスマスにそのような質問をするんだ?」などと一蹴。

だが、ハーデンはロケッツの組織とヒューストンの都市を心から愛しているのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ハーデンはロケッツにトレードを要求してブルックリン・ネッツに移籍した直後から、ロケッツの組織とヒューストンのコミュニティが恋しくなり始めたという。

ネッツも昨季、ハーデンがヒューストンを恋しくなっているのを感じ、ロケッツ復帰を懸念していたと報じられている。

ハーデンは来年夏にプレイヤーオプションを破棄してFAになる見込みだ。

ハーデンは長期大型契約を狙うと見られているが、ロケッツにはハーデンに大型契約をオファーできる余裕があるため、ハーデンのロケッツ復帰は十分現実的だ。

だが、ハーデンのロケッツ復帰がチームの若手選手たちの成長を妨げるという指摘も少なくない。

果たしてハーデンは来年夏、どのような決断を下すのだろうか?

なお、ハーデンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数18960
平均出場時間38.134.7
平均得点21.824.9
平均リバウンド6.45.6
平均アシスト11.16.9
平均スティール1.41.5
平均ターンオーバー3.63.8
FG成功率42.9%44.2%
3P成功率37.1%36.2%
フリースロー成功率87.1%86.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す