【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー「いつかはコーヒーショップをオープンさせたい」

ジミー・バトラー「いつかはコーヒーショップをオープンさせたい」

マイアミ・ヒートのジミー・バトラーはオーランドのバブル内で「ビッグフェイスコーヒー」をオープンさせ、1杯20ドルという強気の価格でコーヒーを販売した。

ビッグフェイスコーヒーでは厳選したコーヒー豆をバトラーが自ら挽き、ラテやアメリカーノ、モカ、カプチーノ、エスプレッソ、マキアートなど9種類のコーヒーを販売していたという。

そのバトラーが、「ビッグフェイスコーヒーで利益はどれくらい出た?」という質問に回答した模様。バトラーのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

いくら稼いだかって?

正確な数字は教えないけれど、1ドルから6000ドルの間さ。

利益はその間のどこかだ。

ただ、カプチーノやラテ、ハンドドリップ、ケメックスなどを学ぶことができたよ。

コーヒー鑑定士の道に進むことができると思っているし、いつかは僕のコーヒーショップをオープンさせたいと思っている。

だからホテルの部屋でビジネスの勉強をしたし、いろんな種類のコーヒーを淹れる方法を勉強したんだ。

バトラーはNBAでプレイする傍ら、これからもコーヒーとビジネスの勉強を続けるだろう。

もしバトラーがチームをNBAチャンピオンに導くことができれば、ビッグフェイスコーヒーにも箔が付く。

コーヒービジネスを成功させるため、NBAでも大成功を収めたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA