【スポンサーリンク】

ルカ・ドンチッチがロケッツに敗れたことを受け「最悪のゲームだった」

ルカ・ドンチッチがロケッツに敗れたことを受け「最悪のゲームだった」

ダラス・マーベリックスの5連勝は、現地7日にウェスタン・カンファレンス14位のヒューストン・ロケッツに敗れたことでストップした。

NBAトップの成績を誇るユタ・ジャズに勝利した後だっただけに、マブスにとっては失意の敗戦だったと言えるかもしれない。

ショットタッチを終始掴むことができなかったルカ・ドンチッチによると、ロケッツ戦はマブスとして最悪のゲームだったという。

ドンチッチはロケッツ戦について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

誰にでもひどいゲームはあるものだ。

そうだろ?

僕たちはチームとして最悪のプレイをしてしまった。

僕たちはこの結果を受け流し、プレイし続けなければならない。

この日のドンチッチは23得点、9リバウンド、5アシスト、1スティール、1ブロックショットを記録したものの、FG成功率は34.6%(9/26)、3P成功率は11.1%(1/9)にとどまった。

マブスは現在ウェスタン・カンファレンス7位。

プレイイントーナメントによるNBAプレイオフ進出を避けるためにも、上位を狙いたいところだろう。

ドンチッチには次のミルウォーキー・バックス戦でロケッツ戦の影響を感じさせないパフォーマンスを見せ、マブスを勝利に導いてもらいたいところだ。

なお、手首の怪我から復帰したクリスタプス・ポルジンギスはこの日、シーズン終了後に治療することを明かした。

(手首の怪我は)オフシーズン中に対処することになるだろうね。

今はできる限り試合に出場する。

手首が持ちこたえてくれることを願っているよ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA