【スポンサーリンク】

ノーマン・パウエル「ラプターズの選手たちと遭遇してトレードが現実だと実感した」

ノーマン・パウエル「ラプターズの選手たちと遭遇してトレードが現実だと実感した」

NBAキャリア6年目のノーマン・パウエルは、先日のトレードでトロント・ラプターズからポートランド・トレイルブレイザーズに移籍した。

トレード後最初に対戦したのは偶然にもラプターズであり、ティップオフの際に間違えてラプターズサイドに立ってしまったシーンが話題になったパウエル。

パウエルによると、トレードされた後もラプターズの一員である感覚がしばらく抜けなかったという。

パウエルはトレード後を振り返り、次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

まだ自分の家があった。

いつものルートを車で通り、検査を受けるホテルに向かった。

だが、ラプターズの検査会場である左側ではなく、ロードチームの検査が行われる右側に行かなければならなかった。

レベル3ではなく、チームミーティング会場のレベル3に行かなければならなかった。

そういったちょっとしたことがあったんだ。

奇妙な感じだったよ。

僕はわざと少し遅れて行ったんだ。

(ラプターズの)関係者に遭遇したり、多くの感情を経験しなくて済むようにね。

だが、当然ながらその手はうまくいかなかった。

僕が到着してから数分後にラプターズのメンバーが次々と集まってきたんだ。

その時に思い知ったよ。

これが現実なんだ、これが本当のさよならなんだとね。

NBAキャリア5年半をラプターズの一員として過ごし、NBAチャンピオンという最高の経験もしたパウエル。

トレードからまだ10日程度しか経っていないため、今でもふとした瞬間にラプターズでの時間を思い出しているだろう。

パウエルのはブレイザーズを新たなホームとすべく、さらなる活躍を期待したい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA