【スポンサーリンク】

ロンゾ・ボール「シュートの改善のために何時間も何時間も体育館で練習した」

ロンゾ・ボール「シュートの改善のために何時間も何時間も体育館で練習した」

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、ロサンゼルス・レイカーズ時代にアウトサイドショットを問題視され、たびたび批判を浴びていた。

だが、トレードでペリカンズに移籍し、シュートフォームを調整すると、アウトサイドショットの精度は格段にアップした。

今季はNBAキャリアベストとなる3P成功率39.2%を記録し、ますます期待が集まるボール。

ボールによると、シュートの問題を克服するために体育館に通い詰め、アシスタントコーチのフレッド・ビンソンと練習を積み重ねたという。ボールのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

何時間も何時間も体育館で練習した。

これは僕の仕事なんだ。

これで金をもらっている。

僕のショットは機能していなかった。

すべてはフレッドのおかげさ。

練習したことが報われたんだ。

ボールは復帰初戦となるヒューストン・ロケッツ戦で15本中8本の3Pショットを成功させ、ペリカンズを勝利に導いた。

レイカーズ時代はアシストを最優先し、ショットを積極的に狙わなかったボールだが、地道な練習で自信をつけた今は積極的にジャンパーを狙っている。

プレイメイクとディフェンスはすでにNBAトップクラスであり、そこに精度の高いアウトサイドショットが加わった今、ボールはNBA屈指のポイントガードに成長したと言えるだろう。

ペリカンズは現在ウェスタン・カンファレンス11位。

ボールにはペリカンズをさらに引き上げると同時に、NBAを代表するポイントガードとしてのポジションを確立してもらいたい。

なお、ボールのレイカーズ時代とペリカンズでのスタッツは以下の通りとなっている。

レイカーズペリカンズ
出場試合数99102
平均出場時間32.432.0
平均得点10.012.9
平均リバウンド6.25.3
平均アシスト6.46.5
平均スティール1.61.4
平均ターンオーバー2.42.7
FG成功率38.0%41.3%
3P成功率31.5%38.2%
フリースロー成功率43.7%64.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA