【スポンサーリンク】

モンタ・エリス「僕とドウェイン・ウェイドは同じカテゴリ」

2005年のNBAドラフト2巡目10位指名でゴールデンステイト・ウォリアーズに入団したモンタ・エリスは、NBA屈指のスコアラーに成長した。

ウォリアーズ時代は平均20得点以上をあげ、長くチームを牽引するかに思われたエリス。

だが、2009年のNBAドラフト7位指名でステフィン・カリーが入団すると、エリスはカリーの台頭に危機感を覚えたのか、ウォリアーズに「僕とカリー、どちらを選ぶ?」と迫った。

その結果、ウォリアーズはカリーを選び、エリスはミルウォーキー・バックスへ移籍。

エリスはバックスに移籍した当時、自身を偉大なNBAプレイヤーに並ぶ存在だと感じていたという。

エリスはバックスに移籍した2012年、自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

正直に話すと、僕は自分自身をDウェイドと同じカテゴリにいると見ている。

僕になくて彼にあったのは、彼がより勝利し、チャンピオンに2度なったことだ。

インサイドでのシューティング、アウトサイドでのシューティング、ファストブレイク、トランジション。

僕モンタ・エリスはすべてを持っているんだ。

エリスはバックスでブランドン・ジェニングスとデュオを結成し、チームのプレイオフ進出に貢献。

だが、ファーストラウンドでウェイド擁するマイアミ・ヒートと対戦し、スウィープで敗れた。

その後エリスはNBAチームを渡り歩き、インディアナ・ペイサーズでプレイした2016-17シーズンを最後にNBAから離れている。

もしエリスがカリーと共にプレイする道を進んでいたら、ウェイドと同じカテゴリで語られていただろうか?

なお、エリスのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
所属チームゴールデンステイト・ウォリアーズ
ミルウォーキー・バックス
ダラス・マーベリックス
インディアナ・ペイサーズ
出場試合数833
平均出場時間34.8
平均得点17.8
平均リバウンド3.5
平均アシスト4.6
平均スティール1.7
平均ターンオーバー2.7
FG成功率45.1%
3P成功率31.4%
フリースロー成功率77.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA