【スポンサーリンク】

NBAオールスター2023投票の第1回途中結果はレブロン・ジェイムスがトップ

NBAオールスター2023投票の第1回途中結果はレブロン・ジェイムスがトップ

NBAは現地5日、2月にユタで開催されるNBAオールスターゲーム2023投票の第1回途中結果を発表した。

トップの票数を獲得したNBA選手は、ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムス。

イースタン・カンファレンスではブルックリン・ネッツのケビン・デュラントがトップの票数を獲得した。

イースタン・カンファレンスでは、フロントコート部門でデュラント、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードがトップ3入り。

ガード部門ではカイリー・アービング、クリーブランド・キャバリアーズのドノバン・ミッチェル、シクサーズのジェイムス・ハーデンがトップ3入りした。

ウェスタン・カンファレンスでは、フロントコート部門でジェイムス、デンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、レイカーズのアンソニー・デイビスがトップ3入り。

ガード部門ではゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチ、メンフィス・グリズリーズのジャ・モラントがトップ3入りした。

サプライズとなったのは、NBAキャリア2年目を迎えているレイカーズのオースティン・リーブスがウェストのガード部門9位に入ったことだろう。

また、ウォリアーズのケボン・ルーニーがバックコート部門10位、ニューヨーク・ニックスのデリック・ローズがウェストのガード部門9位に入ったこともサプライズと言えそうだ。

なお、NBAオールスター2023投票の第2回途中経過は現地12日に発表される予定となっている。

【スポンサーリンク】

コメントを残す