【スポンサーリンク】

復帰のレブロン・ジェイムス「かなり良い感じだった」

復帰のレブロン・ジェイムス「かなり良い感じだった」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAオールスター、レブロン・ジェイムスが、現地25日に行われたサンアントニオ・スパーズ戦で復帰した。

約2週間ぶりの復帰ということもあり感覚が鈍っていたのか、この日のジェイムスは9ターンオーバーを記録。

特に試合序盤はひどいパフォーマンスを見せてしまったが、終盤は本来のプレイを取り戻しつつあるように見えた。

ジェイムスによると、リズムとタイミングがずれていたものの、手応えは感じたという。ジェイムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

かなり良い感じだった。

ここ数週間の僕はコートに復帰するために24時間体制で治療を受けていたんだ。

何本かのパスでリズムとタイミングが少しずれてしまっていた。

だが、ゲームを重ねるにつれてどんどん良くなっていくだろう。

ジェイムスは今季を通してシュートのリズムを掴むことができていない。

特にアウトサイドシュートの精度が落ちているため、ジェイムスの衰えを指摘する声も少なくない。

だが、いずれリズムを取り戻し、レイカーズを勝利に導くパフォーマンスを見せてくれるだろう。

なお、この日のジェイムスのスタッツは以下の通りとなっている。

SAS戦
出場時間33:15
得点21
リバウンド8
アシスト5
スティール2
ブロックショット1
ターンオーバー9
FG成功率47.1%
(8/17)
3P成功率25.0%
(1/4)
フリースロー成功率100%
(4/4)
+/-+16

【スポンサーリンク】

コメントを残す