【スポンサーリンク】

NBPAがカイリー・アービングの復帰条件に異議申し立て?

NBPAがカイリー・アービングの復帰条件に異議申し立て?

ブルックリン・ネッツのNBAスター、カイリー・アービングは、現地13日に行われたロサンゼルス・レイカーズ戦を欠場した。

ネッツはアービングに対して5試合以上の出場停止処分を科したが、アービングは現在6試合連続で欠場中。

つまり、ネッツが提示した6つの復帰条件をアービングが満たしていないことを表しているが、この状況が続くようならNBPAが介入するかもしれない。

bleacherreport.comによると、もしアービングが復帰できない状況が続くならNBPAが介入し、復帰条件を見直すよう異議を申し立てる可能性があるという。

NBPA副会長を務めるボストン・セルティックスのジェイレン・ブラウンは先日、「副会長として多くの選手と話をしたが、彼の復帰条件に僕たちは同意できなかった」、「彼の復帰には条件がたくさんあり、多くの選手がその条件を不快に感じている。NBA団体交渉協約に違反している。僕たちが事細かく関わる必要はないが、僕はNBPAが訴えかけてくれるのを期待している」と語っていた。

また、NBAを代表するスーパースターのレブロン・ジェイムスも「復帰条件が厳しすぎる」などとし、アービングを擁護。

だが、ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイは先日、「彼が謝罪したのは出場停止処分直後だけ」などと指摘し、公の場で謝罪をする必要があるとした。

いずれにせよ、この問題はもうしばらく続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA