【スポンサーリンク】

ドウェイン・ウェイド「もうプレイしないことが嬉しい」

未来の殿堂入りプレイヤーであるドウェイン・ウェイドは、惜しまれつつも昨季限りで現役を引退した。

現在はTNTで解説者としても働いており、充実した時間を過ごしているというウェイド。

現役を引退した今、バスケットボールに対する愛を再確認したとともに、身体の状態が良くなったのを実感しているようだ。

ウェイドは自身について次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

「今、バスケットボールが大好きになってる。バスケットボールのことをテレビで話すのがすごく楽しいし、もうプレイしないことを嬉しく思ってる。バスケットボールは大好きだけど、もうプレイしないことを嬉しく思ってるんだ。身体の調子はすごく良くなってるよ」

現役時代は毎日トレーニングに励み、試合の準備に取り組んでいた。

常に身体を酷使し、メンタルが削られる毎日を送っていただけに、多少なりとも解放感を感じていることであろう。

コートでプレイするウェイドを見られないのは残念ではあるが、シャキール・オニールやチャールズ・バークレーなどTNTのメンバーとともにNBAをさらに盛り上げてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA