【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがオールラウンダーへの進化について「最高の教師は経験」

レブロン・ジェイムスがオールラウンダーへの進化について「最高の教師は経験」

NBAキャリア序盤のレブロン・ジェイムスは、スコアラーとして活躍していた。

だが、NBAキャリアを重ねるに連れ、スコアリング能力を落とすことなくオールラウンダーに進化。

ロサンゼルス・レイカーズをNBAチャンピオンに導いた2019-20シーズンには平均10.2アシストを記録するなどし、NBA史上最高のオールラウンダーとなった。

そのジェイムスが先日、スコアラーからオールラウンダーへの進化について言及した模様。ジェイムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

人生における最高の教師は経験だ。

僕はキャリアを通し、ゲームのあらゆる面を上達させてきた。

ローポストゲームがうまくない時期があった。

ミッドレンジの脅威になれない時期があった。

アウトサイドの脅威になれない時期があった。

相手に僕が得意としていないことをさせられた時期もあった。

だが、今はコート上でやりたいことをできるようになった。

自分が撃ちたいショットを撃つことができるようになった。

僕はここ何年かでたくさんのことを学んだんだ。

ジェイムスは現在38歳であり、身体能力が落ちているのは明らかだ。

だが、食生活などの徹底はもちろん、オールラウンダーとしての進化がジェイムスのNBAキャリアを助けていると言えるだろう。

ジェイムスがこの先も進化するのか、それとも退化するのか注目したいところだ。

なお、ジェイムスの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数301396
平均出場時間35.938.1
平均得点28.927.2
平均リバウンド8.27.5
平均アシスト6.77.3
平均スティール1.0
(キャリアワースト)
1.6
平均ターンオーバー3.33.5
FG成功率51.1%50.5%
3P成功率29.9%34.4%
フリースロー成功率74.9%73.4%

【スポンサーリンク】

コメントを残す