【スポンサーリンク】

クリス・ポールがNBAファイナル後に左手首を手術

クリス・ポールがNBAファイナル後に左手首を手術

NBA2020-21シーズンのチャンピオンには、ヤニス・アンテトクンポ擁するミルウォーキー・バックスが輝いた。

NBAファイナル終了後はチームUSAやフリーエージェント市場、トレード市場の話題で持ち切りになっているが、フェニックス・サンズのクリス・ポールは人知れず手術を受けていたようだ。

fadeawayworld.netによると、ポールはNBAファイナルが終わった後に左手首を手術していたという。

ポールはNBAプレイオフ中に左手首を負傷し、テーピングを貼ってプレイしていた。

ポールは当時、「問題ない」と話していたが、手術を受けたことを考えると決して状態は良くなかったのだろう。

なお、ポールの離脱期間は長くなく、トレーニングキャンプまでには復帰できると報じられている。

NBAプレイオフ中には右手と肩も負傷し、満身創痍の状態で戦い続けたポール。

来季はシーズンを通して健康な状態でプレイし、サンズに悲願のNBAタイトルをもたらしてもらいたいところだ。

なお、ポールの昨季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数7020
平均出場時間31.434.2
平均得点16.419.2
平均リバウンド4.53.5
平均アシスト8.98.6
平均スティール1.4
(キャリアワースト)
1.2
平均ターンオーバー2.22.2
FG成功率49.9%49.7%
3P成功率39.5%44.6%
フリースロー成功率93.4%
(キャリアハイ)
87.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA