【スポンサーリンク】

ジャ・モラントの父が息子にダメ出し「ゴミのようなプレイ」

ジャ・モラントの父が息子にダメ出し「ゴミのようなプレイ」

メンフィス・グリズリーズはミネソタ・ティンバーウルブズとのNBAプレイオフ・ファーストラウンドを制し、2014-15シーズン以来となるカンファレンスセミファイナル進出を決めた。

NBAオールスターに成長したジャ・モラントを中心に快進撃を続け、悲願のNBAタイトル獲得が期待されているグリズリーズ。

だが、モラントの父はファーストラウンドでの息子のパフォーマンスにまったく満足していないようだ。

fadeawayworld.netによると、NBAプレイオフ・ファーストラウンド第6戦が終了した後、モラントの父は自らインタビューを申し出て、次のように語ったという。

このシリーズの違いは何にあった?

フィニッシュしたらもう終わりだ。

このシリーズのジャのプレイはどうだった?

ジャはゴミのようなプレイをしていた。

ゴミだ。

パパ・タウンズは結局ジャージーを着た?

彼(カール・アンソニー・タウンズの父)は賭けを破った。

彼はジャージーを手に持ったが、左腕に置いたままにしたと思う。

そうするだろうなとは思っていた。

なぜなら、息子のジャージーを着るには大きすぎるからね。

それについてどう思う?

それでも彼は僕のブラザーさ。

楽しいシリーズだったと思う?

僕は彼らのプレイが大好きだ。

ミネソタは素晴らしいものを構築していると思うよ。

ミネソタとメンフィスのライバル関係が始まったと思う?

ノー。

僕たちはライバルではない。

僕たちは誰が相手でも圧倒するんだ。

モラントはMIPに選出されるなど、今季を飛躍のシーズンとしている。

ファーストラウンドでもトリプルダブルを記録するなどグリズリーズを牽引するパフォーマンスを見せたが、スコアリングの面では十分ではなかった。

だが、父の激しい情熱を受け、モラントはゴールデンステイト・ウォリアーズとのカンファレンスセミファイナルで覚醒したパフォーマンスを見せてくれるだろう。

なお、モラントの今季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りとなっている。

レギュラーシーズンNBAプレイオフ
出場試合数576
平均出場時間33.137.0
平均得点27.421.5
平均リバウンド5.78.7
平均アシスト6.710.5
平均スティール1.21.5
平均ターンオーバー3.44.2
FG成功率49.3%38.6%
3P成功率34.4%20.0%
フリースロー成功率76.1%71.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA