【スポンサーリンク】

カイル・クーズマ「ウィザーズはこのトレードを実現すべきだった」

カイル・クーズマ「ウィザーズはこのトレードを実現すべきだった」

ワシントン・ウィザーズはオフシーズン中のトレードでNBAオールスターガードのラッセル・ウェストブルックを放出したものの、カイル・クーズマ、ケンテイビアス・コールドウェル・ポープ、モントレズ・ハレル、アーロン・ホリデー、スペンサー・ディンウィディの獲得に成功した。

全体的に厚みを増したウィザーズは開幕2連勝とスタートダッシュに成功したわけだが、ロサンゼルス・レイカーズを離れたクーズマによると、ウェストブルックをトレードで放出するというウィザーズの決定は正しかったという。

クーズマはオフシーズン中のトレードについて以下のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

このようなトレードのチャンスが10回あれば、10回やらなければならない。

1人と引き換えに5人のグッドバスケットボール選手を獲得するチャンスがあるなら、意味があることだ。

(ウェストブルックは)間違いなく殿堂入り選手さ。

彼は信じられないほど素晴らしい選手だ。

それは誤解しないでくれ。

だが、特にワシントンのようなチームは、ここ数年の成績を見てみると、選手が十分に揃っていたとは言い難い。

(トレードは)スマートな決断だったと思うし、もし君がゼネラルマネージャーだったら、これは実行に移さなければならないものだ。

ここ数年のクーズマは難しいNBAキャリアを送ったものの、レイカーズを離れてから覚醒したブランドン・イングラムやロンゾ・ボール、ジュリアス・ランドル、ジョーダン・クラークソン、ディアンジェロ・ラッセルのように、クーズマに成長を期待するファンは少なくないだろう。

まだ2試合を終えたのみであはあるが、クーズマにはウィザーズを牽引する選手に成長し、レイカーズを見返してもらいたいところだ。

なお、クーズマの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数2278
平均出場時間36.529.7
平均得点18.515.3
平均リバウンド13.05.7
平均アシスト2.51.9
平均スティール1.00.6
平均ターンオーバー3.51.7
FG成功率46.7%44.8%
3P成功率41.2%33.9%
フリースロー成功率50.0%72.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA