【スポンサーリンク】

アイザイア・トーマス「ニコラ・ヨキッチの真のタフさに皆気付いていない」

アイザイア・トーマス「ニコラ・ヨキッチの真のタフさに皆気付いていない」

デンバー・ナゲッツのNBAオールスタービッグマン、ニコラ・ヨキッチは、先日のマイアミ・ヒート戦でマーキーフ・モリスに背後から強烈なタックルを見舞い、NBAから1試合の出場停止処分を科された。

https://www.youtube.com/watch?v=Yy8T53X_fx0

モリスがコートに倒れた後、タイラー・ヒーローやバム・アデバヨなどが制止に入ろうとしたものの、誰もヨキッチにフィジカルなコンタクトはしなかった。

デトロイト・ピストンズでバットボーイズの一員として名を馳せたNBAレジェンドのアイザイア・トーマスによると、誰もヨキッチにフィジカルなコンタクトをしなかったことが、ヨキッチの恐ろしさを物語っているという。トーマスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

彼が怒り狂うの目撃するまで、人々はあの男がどれほどタフなのか分からないだろう。

彼の真のタフさに人々は気付いていないんじゃないかな。

あれは演技ではない。

皆が彼に向かって走っていく様子を君たちも見たよね。

すると、彼ら(ヒートの選手たち)は彼から遠ざかったんだ。

怒り狂ったヨキッチが恐怖の存在である以上に、恐れるべきはヨキッチの二人の兄だろう。

丸太のような上腕二頭筋を持つストラヒンヤ・ヨキッチと、MMAファイターであるネマニャ・ヨキッチは短気な性格でも知られており、ニコラ・ヨキッチは以前、「僕の人生で怖いのは兄ただひとり(ストラヒンヤ)」と語っていた。

ヨキッチ兄弟はすでに次のヒート戦のチケットを購入し、臨戦モードに入ったというが、その日ヨキッチに手を出すことは控えたほうが良さそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA