【スポンサーリンク】

シクサーズがベン・シモンズのトレードをNBA10チームと交渉?

シクサーズがベン・シモンズのトレードをNBA10チームと交渉?

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスター、ベン・シモンズは先日、チームに対して「新しい場所で再出発したい」と伝え、トレードを要求した。

だが、シモンズの市場価値が下がっている一方で、シクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表のダリル・モレーは「違いを生み出すNBA選手」以外とのトレードは受け入れないとしているため、シモンズのトレードは未だ実現していない。

そのような状況にあっても、多くのNBAチームがシクサーズにアプローチし続けている模様。

bleacherreport.comによると、ボストン・セルティックス、クリーブランド・キャバリアーズ、ヒューストン・ロケッツ、デトロイト・ピストンズ、インディアナ・ペイサーズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サクラメント・キングス、サンアントニオ・スパーズ、トロント・ラプターズがシモンズに関心を持っており、シクサーズとトレード交渉を続けているという。

複数のNBAチームによるトレード案も出ているというが、現時点でトレードが実現する見通しは立っていない。

シクサーズは先日、NBAオールスターフォワードのジェイレン・ブラウンをトレード要員に含めるようにセルティックスに迫ったが、セルティックスはブラウンを重要な一員としてみなしており、シクサーズのオファーを受け入れなかったと報じられた。

シクサーズのバスケットボールオペレーション部門代表を務めるダリル・モレーは先日、シモンズのトレードについて「4年かかる。冗談を言っているわけではない」と語ったため、シクサーズがトレード条件を引き下げることはないだろう。

シクサーズはシモンズの他、トバイアス・ハリスなど主力選手たちが離脱しているにも関わらず好調だ。

これもシクサーズがシモンズのトレードを急がない要因のひとつと言えるかもしれない。

なお、シクサーズはブレイザーズのデイミアン・リラード、およびワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールを最も求めているというが、ブレイザーズとウィザーズはシクサーズのオファーに応じないと見られている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA