【スポンサーリンク】

1月15日までトレードできないNBA選手とは?

1月15日までトレードできないNBA選手とは?

このオフシーズン中にFAとして新たな契約を結んだNBA選手は、3カ月間もしくは現地12月15日まで他のNBAチームにトレードで移籍することができない。

ただし、20%以上のサラリーアップなどの条件を満たしたNBA選手の場合、さらに1カ月間はトレード対象外となる。

つまり、一定の条件を満たしたNBA選手は現地1月15日までトレードで他のNBAチームに移籍することはできない。

では、現地1月15日までトレード対象外となるのはどのNBA選手なのだろうか?

以下、各NBAチームごとに該当するNBA選手をピックアップする。

アトランタ・ホークス

  • ジョン・コリンズ

ブルックリン・ネッツ

  • ブルース・ブラウン
    ※トレード拒否権あり

クリーブランド・キャバリアーズ

  • ジャレット・アレン

デトロイト・ピストンズ

  • ハミドゥ・ディアロ
    ※トレード拒否権あり

ヒューストン・ロケッツ

  • デイビッド・ヌワバ

インディアナ・ペイサーズ

  • TJ・マコーネル

ロサンゼルス・レイカーズ

  • テイレン・ホートン・タッカー

マイアミ・ヒート

  • ダンカン・ロビンソン

ニューオーリンズ・ペリカンズ

  • ジョシュ・ハート

ニューヨーク・ニックス

  • デリック・ローズ

フィラデルフィア・セブンティシクサーズ

  • フルカン・コークマツ

フェニックス・サンズ

  • キャメロン・ペイン

ポートランド・トレイルブレイザーズ

  • ノーマン・パウエル

サクラメント・キングス

  • テレンス・デイビス
  • リショーン・ホームズ

トロント・ラプターズ

  • ゲイリー・トレントJr

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA