【スポンサーリンク】

エディー・ハウス「今のネッツは2011年のヒートと似ている」

エディー・ハウス「今のネッツは2011年のヒートと似ている」

ブルックリン・ネッツのゼネラルマネージャーを務めるショーン・マークスは先日、NBAオールスターのケビン・デュラントとのパートナーシップを継続し、ともにNBAチャンピオンを目指すことを明らかにした。

デュラントはオーナーのジョセフ・ツァイと面会した際、「僕をトレードで放出するか、スティーブ・ナッシュHCとショーン・マークスGMを解雇するか」選択を迫ったというが、デュラントはトレード要求を取り下げ、ネッツ残留を決断した。

元NBA選手のエディー・ハウスによると、レブロン・ジェイムスがエリック・スポエストラHCの解雇を望んた2011年のマイアミ・ヒートと今のネッツの状況は似ているという。

ハウスは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

もしコーチが自分のやっていることをスーパースターに理解させることができなければ、だいたい失敗に終わる。

僕がいたチーム、ブロンと一緒にプレイしたチームではそうだった。

彼ら(ネッツ)はそのケースに似ている。

彼らはスポの解雇を望んでいた。

だが、パット(・ライリー)はこう言ったんだ。

「とんでもない!彼は私のお気に入りの男だ。我々は彼とともに勝ちにいく」とね。

ツァイはデュラントに選択を迫られた後、マークスGMとナッシュHCをサポートする考えを明確にした。

もしヒートの状況が再現されるなら、来季のネッツは期待に応える戦いを見せてくれるだろう。

果たしてネッツはNBAタイトルを勝ち取り、かつてのヒートのように一時代を築くことができるだろうか?

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    優勝には選手やHCとレブロンにノーと言える人が必要なんだな。

    LALのバスは言うこと聞いてラス獲得したし

*

CAPTCHA