【スポンサーリンク】

1月15日までトレードできないNBA選手とは?

1月15日までトレードできないNBA選手とは?

今年のFA市場も多くのNBA選手が新たな契約を手にした。

FAとして新たに契約選手たちは3ヶ月間、もしくは現地12月15日までトレード対象外となる。

ただし、同じチームと契約し、20%以上の昇給を勝ち取ったなど、特定の条件を満たす選手については現地1月15日までトレードすることができない。

以下、現地12月15日までトレードできない選手だ。hoopsrumors.comが伝えている。

トレード対象外のNBA選手一覧

チーム選手
ブルックリン・ネッツニコラス・クラクストン
シャーロット・ホーネッツコディ・マーティン
シカゴ・ブルズザック・ラビーン
デンバー・ナゲッツブラッコ・チャンチャー
ゴールデンステイト・ウォリアーズケボン・ルーニー
ヒューストン・ロケッツジェイショーン・テイト
ロサンゼルス・クリッパーズニコラス・バトゥーム
アミール・コフィー
メインフィス・グリズリーズタイアス・ジョーンズ
マイアミ・ヒートドウェイン・デッドモン
ビクター・オラディポ
ミルウォーキー・バックスボビー・ポーティス
ニューヨーク・ニックスミッチェル・ロビンソン
オクラホマシティ・サンダールーゲンツ・ドート
オーランド・マジックモー・バンバ
フェニックス・サンズディアンドレ・エイトン
ポートランド・トレイルブレイザーズユスフ・ナーキッチ
アンファニー・サイモンズ
トロント・ラプターズクリス・ブーシェ
ワシントン・ウィザーズブラッドリー・ビール

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA