【スポンサーリンク】

スペンサー・ディンウィディがレフェリーの言葉に激怒

スペンサー・ディンウィディがレフェリーの言葉に激怒

NBAオールスターのルカ・ドンチッチ擁するダラス・マーベリックスは現地4日にトロント・ラプターズを下し、連勝を3に伸ばした。

だが、試合後のスペンサー・ディンウィディにあったのは喜びの感情ではなく、レフェリーに対する怒りの感情だったのかもしれない。

bleacherreport.comによると、ディンウィディはテクニカルファウルをコールされた後、レフェリーのトニー・ブラザーズがディンウィディにチームメイトに対し、「彼はビッ●だ。彼はマザーファッ●ーだ」と言っていたことを、そのチームメイトから聞いたという。

ディンウィディによると、試合中に熱くなりすぎてしまったのは間違いないが、ブラザーズに対して憎しみなどの感情は持っていなかったという。

だが、ブラザーズが侮辱的な発言をしたことを受け、ディンウィディはNBAに対し、テクニカルファウルの取り消しとそれに伴う罰金の取り消し、およびブラザーズに謝罪を要求した。

マブスはこの件を調査し、NBAに報告するというが、もし真実だったなら、ブラザーズはNBAから何かしらの処分を科されることになりそうだ。

なお、マブスを指揮するジェイソン・キッドHCは、この件について以下のように語っている。

難しい問題だ。

スペンサーと話をしなければならない。

このリーグで長年やってきたトニーは人々から好かれているし、最高のレフェリーのひとりだ。

我々は何があったのかスペンサーと話し、何が起こったのかをはっきりさせる。

センシティブな問題だ。

どうなるか見てみよう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA