【スポンサーリンク】

パトリック・ベバリー「僕とクリス・ポールの歴史は大学時代に始まった」

パトリック・ベバリー「僕とクリス・ポールの歴史は大学時代に始まった」

今季NBAチャンピオン最有力候補だったフェニックス・サンズがNBAプレイオフ・カンファレンスセミファイナルで姿を消して以降、ミネソタ・ティンバーウルブズのパトリック・ベバリーはNBAオールスターポイントガードのクリス・ポールに対する攻撃を強めている。

「彼は誰に対してもディフェンスできない。NBAの誰もが知っていること」、「彼はただのコーンだ」などとポールを痛烈に批判し、逆批判を浴びているベバリー。

ベバリーによると、ポールとの歴史はベバリーが大学生だった時に始まったという。ベバリーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕とCPは、僕が大学生の頃に始まった。

僕はレブロン・ジェイムスのキャンプに参加したのだが、そこでCPを味わい、破壊した。

レブロンに聞いてみてくれ。

僕が嘘をつく必要はない。

君たちの良き友人であるクリスに聞いてみてくれ。

君たちも知っての通り、だからこそ常に何かがあるんだ。

当時の映像は残っていないため、ベバリーが本当にポールを打ちのめしたかを確認するには、ジェイムスもしくはポールに直接訊くほかない。

ベバリーはポールを「リスペクトしている」というが、ここ最近の言動は明らかに行き過ぎており、リスペクト精神を感じている者は少ないだろう。

一方、ベバリーの主張を受け、ジェイムスとポールがどう反応するのか注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA