【スポンサーリンク】

ペイサーズがマイルズ・ターナーのトレードをウォリアーズと交渉か?

ペイサーズがマイルズ・ターナーのトレードをウォリアーズと交渉か?

インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナーにはトレードの噂が浮上している。

ドマンタス・サボニスとターナーはプレイするポジションが類似しているため、、NBAオールスタービッグマンのサボニスをロスターに残し、ターナーのトレードで他のポジションを強化するというが、ペイサーズはすでにトレード交渉をスタートしているのかもしれない。

bleacherreport.comによると、ペイサーズはゴールデンステイト・ウォリアーズとターナーを含めたトレードを交渉したという。

ウォリアーズは今年のNBAドラフト7位指名権と14位指名権を保有しており、トレード要員も豊富に抱えている。

ターナーはNBAトップクラスのインサイドディフェンダーであり、オフェンスではアウトサイドシュートもあるため、ウォリアーズにとって大きなアップグレードとなるだろう。

また、ターナーは契約をあと2年残していることから、長期的な王朝構築にも貢献するに違いない。

ただし、ペイサーズは複数のNBAチームに働きかけていると報じられているため、ターナーを獲得するためには何を見返りとしてオファーするかが鍵となりそうだ。

なお、ターナーの2020-21シーズンとNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数47389
平均出場時間31.028.6
平均得点12.612.7
平均リバウンド6.56.6
平均アシスト1.01.2
平均スティール0.9
(キャリアハイタイ)
0.7
平均ブロックショット3.4
(キャリアハイ)
2.2
平均ターンオーバー1.41.3
FG成功率47.7%48.7%
3P成功率33.5%35.2%
フリースロー成功率78.2%77.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA