【スポンサーリンク】

カーメロ・アンソニー「レイカーズの一員になるとは思ってもみなかった」

カーメロ・アンソニー「レイカーズの一員になるとは思ってもみなかった」

元NBAオールスターフォワードのカーメロ・アンソニーは、NBAタイトルを求めてロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

レイカーズはアンソニーの他、ラッセル・ウェストブルックやドワイト・ハワードなど経験と実績あるベテラン選手を中心にロスターを強化。

高齢化が気になるところではあるものの、NBAタイトルを狙える戦力を有するチームになったと言えるだろう。

そんな中、アンソニーがレイカーズに加わったことに言及した模様。

アンソニーによると、NBAキャリア18年を通してレイカーズのユニフォームを着てプレイすることになるとは思ってもみなかったという。アンソニーのコメントをtalkbasket.netが伝えている。

(レイカーズに加わった意味を)考えようとし、処理しようとしている。

ゲームの歴史から、パープル&ゴールドのユニフォームを着ることの意味は理解している。

タイトルを求めて戦うことがレイカーの真髄であることを理解している。

だが、パープル&ゴールドのユニフォームを着ることになるとは一度も思ったことがなかった。

特に僕のキャリアの今の時点で加わるとは思ってもみなかった。

だが、すべてには理由がある。

僕はそう信じているんだ。

アンソニーには過去、レイカーズ移籍の噂があった。

当時ニューヨーク・ニックスに所属していたアンソニーにはトレード要求の噂が流れており、コービー・ブライアントと朝食をともにした時には「ブライアントがアンソニーを勧誘した」などと報じられた。

それから長い時間を経てレイカーズの一員となったアンソニー。

果たしてレイカーズの一員としてNBAタイトルを獲得し、NBAキャリアに華を添えることはできるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA