【スポンサーリンク】

ウィザーズがブラッドリー・ビールをトレードする可能性はゼロ?

ウィザーズがブラッドリー・ビールをトレードする可能性はゼロ?

ワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールは、今年夏にオプションを破棄してFAになると見られている。

FAになったビールは他のNBAチームと契約するできるため、ウィザーズはNBA屈指のスコアラーであるビールをトレードで放出し、見返りを得る可能性があると噂されていたが、その可能性はまったくないのかもしれない。

hoopsrumors.comによると、ウィザーズは今後もビールを中心としたチームとして進み、ビールのトレードについては一切考えていないという。

もちろんビールがウィザーズに限界を感じ、トレードを要求する可能性はゼロではない。

だが、ビールはウィザーズとマックス契約を結ぶことを重要視していると報じられている。

ウィザーズはビールに対し、他のNBAチームより有利な契約をオファーすることができる。

ウィザーズがビールにマックス契約をオファーするかは分からないが、ウィザーズはトレード市場でビールをサポートできる選手を探しているという。

昨年夏にスペンサー・ディンウィディなど主力陣を獲得したのはビールの意見が反映されているというから、ウィザーズは今年のトレード市場についてもビールに相談することになるだろう。

なお、ウィザーズでは現在、ダービス・バータンズ、八村塁、モントレズ・ハレル、ダニ・アブディアにトレードの噂が出ている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA