【スポンサーリンク】

ジェイソン・テイタムが自身に対する批判に「笑ってしまった」

ジェイソン・テイタムが自身に対する批判に「笑ってしまった」

NBAオールスターのジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウン擁するボストン・セルティックスは、現在13勝11敗にとどまっている。

今季のセルティックスは安定した戦いを見せることができず、現時点では期待を裏切るパフォーマンスにとどまっているが、これを受け、あるNBAチームのアシスタントコーチが「ジェイソン・テイタムは彼自身のことしか考えていない」、「彼は15得点を挙げて勝ちたいのではなく、39得点を挙げて勝ちたいと思っている」などと批判したと報じられた。

この件についてテイタムが言及した模様。

テイタムによると、あまりに突飛もない批判であったため、思わず笑ってしまったという。テイタムのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

笑ってしまった。

人々が動揺したり、誰かに対して反応したりするのは、彼らがそれを真実だと感じているからだと思う。

だが、僕は笑ってしまった。

なぜなら、真実ではないことを知っているからね。

僕のチームメイトたち、コーチたち、僕の周りにいる人たちは、僕が絶対にセルフィッシュではないことを知っているんだ。

セルティックスは先日、ユタ・ジャズに敗れてしまったものの、ここ4試合で3勝とギアを上げ始めている。

セルティックスが勝利のチームになれば、テイタムに対する批判の声もおのずとなくなるだろう。

そのためにもテイタムはセルティックスを牽引し続け、勝利に導くに違いない。

なお、テイタムの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数24313
平均出場時間36.533.0
平均得点25.219.8
平均リバウンド8.8
(キャリアハイ)
6.5
平均アシスト3.72.8
平均スティール0.9
(キャリアワースト)
1.1
平均ターンオーバー2.52.0
FG成功率40.6%
(キャリアワースト)
45.2%
3P成功率32.2%
(キャリアワースト)
38.7%
フリースロー成功率83.0%83.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA