【スポンサーリンク】

ドウェイン・ケーシーHC「フレッド・バンブリートはカイル・ラウリー」

ドウェイン・ケーシーHC「フレッド・バンブリートはカイル・ラウリー」

昨年夏のトレードで元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーを放出したトロント・ラプターズは、若手主体のチームに完全に生まれ変わった。

ラプターズの球団社長を務めるマサイ・ウジリはラウリーをトレードで放出した後、「しばらく厳しい時間が続くだろう」と再建期に突入することを示唆。

だが、ラプターズは今季ここまで20勝19敗、イースタン・カンファレンス9位と健闘している。

その原動力となっている選手を挙げるとするなら、やはりフレッド・バンブリートだろう。

デトロイト・ピストンズを指揮するドウェイン・ケーシーHCも、バンブリートの成長に驚いているのかもしれない。

ケーシーHCはバンブリートについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

彼はカイル・ラウリーだ。

カイル・ラウリーのクローンだ。

彼はNBAオールスターに選出されるべきだ。

間違いない。

ラウリーはNBA屈指のスコアラーとして、プレイメイカーとして、ディフェンダーとしてラプターズを牽引し、NBAオールスターに6度選出されたラプターズのレジェンドだ。

バンブリートのスタイルはラウリーに似ており、ラウリーと同じような道を歩んでいると言っても過言ではないだろう。

とはいえ、イーストにはシカゴ・ブルズのロンゾ・ボールやブルックリン・ネッツのジェイムス・ハーデン、ミルウォーキー・バックスのジュルー・ホリデー、クリーブランド・キャバリアーズのダリアス・ガーランド、アトランタ・ホークスのトレイ・ヤング、シャーロット・ホーネッツのラメロ・ボールなど優秀なガード選手が多い。

果たしてバンブリートはタフなNBAオールスターレースを勝ち抜くことができるだろうか?

なお、バンブリートの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数36319
平均出場時間37.827.5
平均得点22.1
(キャリアハイ)
13.3
平均リバウンド4.9
(キャリアハイ)
3.1
平均アシスト6.7
(キャリアハイ)
4.7
平均スティール1.7
(キャリアハイタイ)
1.2
平均ターンオーバー2.61.5
FG成功率43.5%
(キャリアハイ)
41.0%
3P成功率40.9%38.9%
フリースロー成功率87.1%85.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA