【スポンサーリンク】

デイビッド・フィッツデールACがレイカーズの問題点を指摘

デイビッド・フィッツデールACがレイカーズの問題点を指摘

現地19日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対シカゴ・ブルズ戦は、NBAの健康と安全プロトコルから復帰したデマー・デローザンが38得点をあげる活躍を見せ、ホームのブルズが勝利した。

ミネソタ・ティンバーウルブズに大敗したばかりのレイカーズにとって、この日は立て直しを図る重要な一戦だったと言えるだろう。

だが、問題としているターンオーバーの数は19。

ブルズの10ターンオーバーに対して倍近くのターンオーバーを記録したことになるが、NBAの健康と安全プロトコルにより離脱したフランク・ボーゲルHCに代わり指揮を執ったデイビッド・フィッツデールACによると、レイカーズのオフェンスはボールムーブメントに問題があるという。

フィッツデールACはレイカーズのオフェンスについて次のように指摘。talkbasket.netが伝えている。

ボールを回すことがどれほど重要なのかを理解し始めたと思う。

成功するためにはボールを回さなければならない。

ゴールデンステイト・ウォリアーズやフェニックス・サンズのようなNBAタイトルコンテンダーはボールムーブメントが優れており、選手たちは常にコートを走り回っている。

一方、レイカーズは特にレブロン・ジェイムスがボールを持った時に足が止まってしまう傾向にある。

以前から指摘されていることではあるが、レイカーズの選手たちは常にコートを走り回り、流れの中でオフェンスを展開しなければならないだろう。

レイカーズが次に対戦するのば、昨季NBAファイナリストのサンズ。

果たしてレイカーズはボールムーブメントを改善し、これまでとは異なるバスケットボールを展開することができるだろうか?

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA