【スポンサーリンク】

来季は東京オリンピックのために短縮シーズンに?

NBAの2020-21シーズンは、現地12月1日に開幕する予定だ。

だが、もし例年通りレギュラーシーズン82試合をこなすのであれば、来年に延期された東京オリンピックとプレイオフのスケジュールが重なることになる。

つまり、NBAのスーパースターたちは東京オリンピックに出場できなくなってしまうだろう。

アトランタ・ホークスのゼネラルマネージャーを務めるトラビス・シュレンクは、それを危惧している模様。

thescore.comによると、シュレンクGMはNBAスターたちがチームUSAの一員として東京オリンピックに出場できるよう、ファイナルの終了日を例年と同じ6月中とするよう提案しているという。

来季は1カ月以上遅れてスタートすることになるが、例年通り6月中にNBAファイナルを終了させるのであれば、スケジュールを詰める、もしくはレギュラーシーズンの試合数を減らさなければならない。

レギュラーシーズンの試合数を減らすほうが現実的だろうが、収益にもつながる問題であるため、難しい選択を迫られることになりそうだ。

なお、東京オリンピックは2021年7月23日に開幕する予定となっている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA