【スポンサーリンク】

ジャレッド・ダドリー「レイカーズに戻ってくると思っていた」

ジャレッド・ダドリー「レイカーズに戻ってくると思っていた」

ベテランフォワードのジャレッド・ダドリーは先日、ダラス・マーベリックスのアシスタントコーチに就任した。

ダドリーは選手としてレイカーズに残留することを望み、レブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルックはダドリーをロスターに留めるようにレイカーズに働きかけたという。

だが、ロスターが高齢化したレイカーズが必要としていたのは36歳のダドリーではなく、ケンドリック・ナンやマリク・モンクのような若手だった。

ダドリーはレイカーズとの交渉を振り返り、次のようにコメント。latimes.comが伝えている。

レイカーズに戻ってくると思っていた。

クレイジーだ。

レブロンとADが僕を呼び戻そうとしていたのは間違いない。

だが、彼ら(フロントオフィス)を説得することができなかったんだ。

ロブ(・ペリンカ)とカート(・ランビス)は正直に、率直に話してくれた。

彼らとジーニー(・バス)にはリスペクトと感謝しかない。

彼らが僕に機会を与えてくれたことに、永遠に感謝するだろう。

だが、僕は戻ってきたかった。

新顔がたくさんいるから、僕はチームを助けることができると思っていた。

しかし、彼らが若返りを望んでいたのを理解しているよ。

ロブとカートと話をし、彼らに感謝を伝えた。

だが、こうも伝えた。

「君たちはロッカールームの存在より若さを重視している。その考えを尊重するが、間違っていると思う」とね。

人々は僕のことをロッカールームの男と言う。

僕の仕事はロッカールームで存在感を放つ以上のものだ。

指導カウンセラーであり、人間関係のエキスパートでもある。

僕は全員をまとめる中間管理職さ。

ファンは知らなったとしても、選手やコーチたち、用具係の人々は知っている。

彼らは僕の価値を理解しているんだ。

ジェイムスやカイル・クーズマなど、レイカーズの多くの選手はダドリーを「最高のチームメイト」と呼び、信頼を寄せていた。

レイカーズはダドリーにアシスタントコーチの職をオファーすると噂されたが、ダドリーがマブスのアシスタントコーチに就任したことを考えると、おそらくレイカーズはオファーを出さなかったのだろう。

人望の厚いダドリーには、コーチとして素晴らしいキャリアを送ってもらいたい。

なお、ダドリーは息子から「プレイしないのになぜそんなに働き続けるの?」と質問された時、こう答えたという。

彼にはこう伝えたんだ。

「僕の時間は終わった。だが、何かしらの方法でチームを助けなければならない。君の価値は何だい?」とね。

その価値を見つけ、役割を果たせて光栄だったよ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA