【スポンサーリンク】

ウォリアーズがトレードでブラッドリー・ビール獲得を検討していた?

ウォリアーズがトレードでブラッドリー・ビール獲得を検討していた?

ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンが勢揃いすると見られていた今季開幕前、2年連続でNBAプレイオフ進出を逃したゴールデンステイト・ウォリアーズはNBAプレイオフには復帰すると見られていた。

だが、ウォリアーズの組織はNBAタイトルを奪還するため、彼らをサポートできるNBAスターが必要だと考えていたのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、ウォリアーズはスコアリング面でのサポートが必要と考え、NBA屈指のスコアラーであるワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビールをトレードで獲得することを真剣に検討したという。

結果的にトレードには至らなかったわけだが、今季はアンドリュー・ウィギンスがNBAオールスターに選出されたり、ジョーダン・プールが飛躍したりと、嬉しい誤算が相次いだ。

彼らの他にもモーゼス・ムーディやジョナサン・クミンガといった若手たちも台頭しつつあり、逆風を耐え抜いたウォリアーズに追い風が吹き始めている。

今季の結果を受け、ウォリアーズのフロントオフィスはロスターを信じ、選手を成長させることの重要さを改めて認識したに違いない。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ビールほど真面目で練習熱心なスターもそんなにいないと思うぞ

  2. By 匿名

    ウォリアーズの場合、マジメな性格で練習好きな選手じゃないと
    チームになじめないんじゃないかな?

    シューターか、守備が得意な選手のチームってイメージがあるから。
    (D・グリーンは、特殊だけど。)

*

CAPTCHA