【スポンサーリンク】

マーク・キューバンがプレイイントーナメントに苦言?

マーク・キューバンがプレイイントーナメントに苦言?

NBAが2020年に導入したプレイイントーナメントは、一定の成功を収めている。

レギュラーシーズン終盤は競争力がない試合が多く、NBAファンはうんざりしていたというが、プレイイントーナメントはその解決法のひとつになったと言えるだろう。

だが、ダラス・マーベリックスのオーナーを務めるマーク・キューバンは、現在のフォーマットのプレイイントーナメントを疑問視しているのかもしれない。

キューバンはプレイイントーナメントについて次のように指摘。fadeawayworld.netが伝えている。

プレイイントーナメントは楽しみをもたらしてくれた。

プレイオフゲームが増えたようなものだ。

その一方で、選手たちの疲労が蓄積され、怪我の可能性が増えたのではないかという疑問がある。

テレビとの兼ね合いがあるから、最終日を延ばすことはできない。

プレイインは第8シードを決めるのみ、もしくはなくすべきでは?

NBAプレイオフのシリーズは第7戦まである一方で、プレインゲームは一発勝負だ。

それゆえに白熱したバトルが展開されるわけだが、怪我のリスクが高まるのは間違いないだろう。

とはいえ、プレイインゲームが疲労の蓄積と怪我につながると断言することもできない。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは将来的にインシーズントーナメントの導入やレギュラーシーズン短縮などを検討するというが、選手たちの怪我が減らない限り、さまざまな議論が交わされることになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そのケガ(コンディションやスケジュール調整(出場時間))を
    コントロールするのも、コーチやスタッフの【仕事】なんじゃないの?

*

CAPTCHA