【スポンサーリンク】

スキップ・ベイレス「誰もがアイザイア・トーマスをドリームチームに加えたがらなかった」

NBAを代表するポイントガードのひとりだったアイザイア・トーマスは、マイケル・ジョーダンやマジック・ジョンソン、ラリー・バードなど偉大なプレイヤーたちが選出されたドリームチームに入ることができなかった。

ジョーダンがトーマスに嫌悪感を示し、ドリームチームに入れないよう要求したとも噂されたが、ジョーダンのドキュメンタリーシリーズ「ラストダンス」の中でこの噂を否定。

ドリームチームのメンバーのほとんどがトーマスと共にプレイすることを嫌がったとされたが、トーマスは先日、ドリームチームに選出されなかったことについて「私の履歴書に大きな穴があいてしまった」、「当時より今のほうが落胆している」と語った。

これを受け、スポーツコラムニストのスキップ・ベイレスがトーマスのドリームチーム落選に言及した模様。ベイレスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

マイケルのせいにするのはやめなさい。

あの時のマジック・ジョンソンはマイケルより大きな影響力を持ち、彼をはじめとするチーム全体がアイザイアを求めていなかった。

結局のところ、マイケル・ジョーダンがどう思っていたかは関係なかったのさ。

なぜなら、誰もアイザイア・トーマスを求めていなかったからね。

世界チャンピオンになるためには、ケミストリーが重要。

アイザイアはフィットしなかったんだ。

マジック・ジョンソンは自身の著書の中で、「能力面で考えるとアイザイアはドリームチームに選出されるべきだった」、「アイザイアを遠ざけたのはマイケルのせいだと思われているが、全員がそうだった」と語っている。

“バッドボーイズ”の一員としてラフプレイに徹し、常に敵対視される存在となったトーマス。

ラフプレイやトラッシュトークを控えていたら、間違いなくドリームチームに選出されていたことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA