【スポンサーリンク】

サンズとセルティックスに続きピストンズに問題発生か?アシスタントGMに謹慎処分

サンズとセルティックスに続きピストンズに問題発生か?アシスタントGMに謹慎処分

今年の夏はフェニックス・サンズのオーナーを務めていたロバート・サーバーが辞任に追い込まれ、さらにボストン・セルティックスのイメ・ユドカHCが1シーズンの停職処分を科されるなど、組織内の問題が目立った。

だが、組織内に問題が発生したのはサンズとセルティックスだけではなかった模様。

larrybrownsports.comによると、ピストンズはアシスタントゼネラルマネージャーのロブ・マーフィーに対し、1週間程度の謹慎処分を言い渡したという。

ピストンズはマーフィーに職場での不適切行為があった疑惑を受け、調査を開始。

調査結果が出るまでマーフィーを復帰させないと見られているが、問題の詳細については明かされていない。

一部では元女性スタッフが関係しているとも報じられているものの、ピストンズの組織にとって大打撃となったのは間違いないだろう。

なお、マーフィーは昨年夏にピストンズの選手人事部門シニアディレクターに就任し、今年6月にアシスタントゼネラルマネージャーに昇格したばかりだった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA