【スポンサーリンク】

コーリー・ブリュワー「チームを助けることができる」

ベテランフォワードのコーリー・ブリュワーはサクラメント・キングスの一員としてプレイした2018-19シーズンを最後に、NBAゲームから離れている。

NBAでは若手の台頭が続いており、32歳のブリュワーにとっては厳しい状況が続いていると言えるだろう。

だが、NBA復帰の可能性は十分あるのかもしれない。

ブリュワーによると、エージェントが複数のNBAチームと交渉を続けているという。

ブリュワーは自身の現状について次のようにコメント。hoopshype.comが伝えている。

いくつかのチームと話をしたけれど、何も起こらなかった。

エージェントがまだ交渉中だから、どうなるか見てみるよ。

僕自身としては今でもチームを助けることができると思うし、まだやれると感じている。

ただ先のことは誰にも分からない。

今は若手も多いしね。

どうなるか見てみよう。

今は家でランニングをしたり、プールでトレーニングをしたり、ウォーキングマシンに乗ったり、外でボールハンドリングをやったり、できることはどんな小さなことでもやっている。

ベテランの選手たちはリーグにいるのが長いから、何をやればいいのか分かっているよね。

身体が必要としていることを分かっているし、ゲームシェイプをキープするためにやらなければならないことを分かっている。

若手たちはいつもやるべきことをトレーナーから教わっている。

だから、彼らにとってこの期間は難しいんじゃないかな。

ブリュワーは常に全力でプレイし、特にアグレッシブなディフェンスには定評がある。

NBAゲームから1年以上離れているという点がネックだが、コートに戻った際にはまた情熱的なディフェンスを見せてもらいたい。

なお、ブリュワーはNBAキャリア12年を通してミネソタ・ティンバーウルブズ、ダラス・マーベリックス、デンバー・ナゲッツ、ヒューストン・ロケッツ、ロサンゼルス・レイカーズ、オクラホマシティ・サンダー、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、キングスでレギュラーシーズン通算814試合に出場し、平均23.0分のプレイで8.7得点、2.8リバウンド、1.5アシスト、1.3スティール、FG成功率42.5%、3P成功率28.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA