【スポンサーリンク】

アンドレ・ドラモンド クリーブランドとデトロイトの学校にヘッドホンを寄付

デトロイト・ピストンズ一筋のキャリアを送ってきたアンドレ・ドラモンドは、今年2月のトレードでクリーブランド・キャバリアーズに移籍した。

現在は自宅待機中であるが、これまで自身を支えてくれたデトロイト、そしていま現在支えてくれているクリーブランドのコミュニティに貢献するため、行動を起こしたようだ。

ドラモンドによると、非営利団体のLittle Kids Rockと協力し、JBL社製のヘッドホンをデトロイトとクリーブランドの学校に寄付したという。

ヘッドホンの寄付にあたり、ドラモンドは次のようにコメント。Cleveland.comが伝えている。

「先月、多くの面で生活が一変してしまった。学生たちもだ。JBLでパートナーと協力する。必要な子どもたちにヘッドホンを提供するためにね。新しい勉強の環境に集中し、教室において成功を収めることができるようになるだろう。俺たちなら一緒に打ち勝つことができる」

ドラモンドによると、寄付したヘッドホンはオンライン授業やeラーニング、音楽の授業に役立てられるという。

学校の閉鎖により、子どもたちの教育に遅れが出てしまう可能性がある。

子どもたちの教育に今まで以上にオンラインが活用されているが、ドラモンドの支援は間違いなく子どもたちを助けるであろう。

なお、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、シカゴ・ブルズのザック・ラビーン、ニューヨーク・ニックスのジュリアス・ランドル、マイアミ・ヒートのバム・アデバヨ、ボストン・セルティックスのケンバ・ウォーカーもJBLとパートナーシップを結んでいる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA