【スポンサーリンク】

ザイオン・ウィリアムソンが施設封鎖時もリハビリ許可

ニューオーリンズ・ペリカンズのドラフト1位ルーキー、ザイオン・ウィリアムソンは、怪我の影響により遅れてNBAデビューすることになった。

デビュー後も出場時間を制限し、調整していたウィリアムソン。

だが、NBAチームの練習施設が封鎖されたことは、ウィリアムソンのようなリハビリ中のプレイヤーにとって大きな痛手となるだろう。

しかし、ペリカンズはウィリアムソンにリハビリを続けさせるため、NBAに許可を求めていたようだ。

clutchpoints.comによると、練習施設が封鎖されている間もウィリアムソンがチームの施設でリハビリを続けられるよう、ペリカンズはNBAに許可を求め、OKサインをもらっていたという。

試合がなく、リハビリに集中できた期間は、ウィリアムソンの完全回復に大きく寄与しただろう。

また、背中の怪我で1月下旬から離脱しているケンリッチ・ウィリアムスもチームの施設でリハビリを続けていたと報じられている。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのベン・シモンズとジョエル・エンビードもNBAから許可をもらい、チームの練習施設でリハビリを続けていたというが、彼らは寛容な姿勢を示したNBAに感謝していることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA