【スポンサーリンク】

グレッグ・ポポビッチHC クリス・ポールを大絶賛

昨年夏のトレードでオクラホマシティ・サンダーに移籍したクリス・ポールは、衰え知らずのパフォーマンスでチームを牽引している。

移籍当初は主に若手のメンターとしての役割が期待されていたポール。

だが、メンターとしてはもちろん、コート上でもリーダーシップを発揮している。

サンアントニオ・スパーズの名将グレッグ・ポポビッチHCも、ポールのリーダーシップをこの上なく評価しているようだ。

ポポビッチHCはポールについて次のようにコメント。The Oklahomanが伝えている。

「クリス・ポールが与えてくれてることを理解できる若手は、キャリアにおいてとてつもなく大きな利益を得るだろうね」

「クリスは先頭を走る男。生まれつきのリーダー。情けをかけるようなことはしない。愚か者には容赦しない。彼は勝つためにいるんだ」

ポポビッチHCによると、ポールはシェイ・ギルジアス・アレクサンダーにとって大きな存在であり、成長を助けているという。

今年はオールスターにも復帰し、素晴らしいパフォーマンスを続けているポール。

若手中心のチームにシフトしつつあるサンダーは今年夏にポールを放出する可能性があるものの、どのチームでも強力なリーダーシップを示し続けることであろう。

なお、今季のポールは54試合に出場し、平均31.8分のプレイで17.4得点、5.0リバウンド、6.7アシスト(キャリアワースト)、1.6スティール、FG成功率48.5%、3P成功率36.2%を記録。

キャリアを通してニューオーリンズ・ホーネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ヒューストン・ロケッツ、サンダーでレギュラーシーズン通算1004試合に出場し、平均34.9分のプレイで18.5得点、4.5リバウンド、9.5アシスト、2.2スティール、FG成功率47.0%、3P成功率37.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA