【スポンサーリンク】

スティーブ・カーが見るマイケル・ジョーダンとステフィン・カリーの共通点とは?

NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンとゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、まったく異なるプレイスタイルを持つ偉大なプレイヤーだ。

ジョーダンはミッドレンジジャンパーとポストアップを中心に得点を量産した一方で、カリーは巧みなドリブルワークと高精度のアウトサイドショットで相手を翻弄している。

両者ともバスケットボールのゲームを変えた存在であるが、プレイスタイルが明らかに異なるため、比較されることはほとんどない。

だが、現役時代にジョーダンと共にプレイし、現在はコーチとしてカリーに接しているスティーブ・カーHCによると、ジョーダンとカリーにはある共通点があるという。カーHCのコメントをYahoo Sportsが伝えている。

人々は私にこう質問してくる。

「マイケル・ジョーダンと一緒にプレイするのはどんな感じだった?」とね。

毎晩がショーさ。

それがマイケルと一緒だった時の最も大きかったことだ。

どんな夜もただ畏敬の念を持って彼のプレイを見るんだ。

そのせいか、マイケル・ジョーダンのこれといった瞬間を考えたことは一度もなかった。

ステフにもそれを感じる。

彼は我々のために何度もビッグゲームをしてくれているよね。

すごくたくさんのビッグショットを決めてきた。

ただ、(ジョーダンと同じように)これといって目立つようなものがないんだ。

カーHCによると、ジョーダンとカリーは常に高いレベルで他を圧倒するパフォーマンスを見せるため、印象に残るようなビッグショットが逆に少ないという。

GOATの議論はマイケル・ジョーダン、コービー・ブライアント、レブロン・ジェイムスを中心に回っているが、いずれはカリーの名も加わることになるだろう。

完全復帰するであろう来季はそれを証明してもらいたい。

なお、ジョーダンとカリーのキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

マイケル・ジョーダンステフィン・カリー
出場試合数1072699
平均出場時間38.334.3
平均得点30.123.5
平均リバウンド6.24.5
平均アシスト5.36.6
平均スティール2.31.7
平均ターンオーバー2.73.1
FG成功率49.7%47.6%
3P成功率32.7%43.5%
フリースロー成功率83.5%90.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA