【スポンサーリンク】

ウィザーズのオーナー「ジョン・ウォールの復帰が非常に楽しみ」

ワシントン・ウィザーズのジョン・ウォールは、来季から完全復活すると見られている

2018-19シーズン途中にアキレス腱を断裂し、1年以上NBAゲームから離れてるウォール。

復帰後はウィザーズを牽引する働きが期待されるが、オーナーのテッド・レオンシスによると、ウォールは離脱前から足の痛みを訴えており、ディフェンスのために自陣に戻ることさえ難しかったという

レオンシスはウォールについて次のようにコメント。NBC Sports Washingtonが伝えている。

ジョン・ウォールの復帰を非常に楽しみにしている。

なぜなら、彼のフィジカルはまったく異なる次元にあるだろうからね。

彼は骨棘による痛みのことを話していた。

彼の踵から取り除いた骨棘のひとつを私に見せてくれた。

正直言うと、あんなのは見たことがなかったよ。

どのような痛みが走るのか想像できなかったんだ。

ジョンはソーシャルメディア上で「見ろ。彼はディフェンスしていない。彼は(自陣に)戻らない」と叩かれたことがあった。

ジョンと話したのだけれど、彼はこう言っていたよ。

「後ろ向きに走る時、カミソリの刃が踵にあるような感じなんだ。後ろ向きに走れないところまで来てしまった。今の僕はチームを傷つけてしまっている」とね。

シーズンが中断する前、ウォールはGリーグチームの練習に参加し、ディフェンダーの上から豪快なダンクを叩き込んだと報じられた。

順調に回復し、すでにかつてのフィジカルを取り戻しているのだろう。

ようやくウォールとブラッドリー・ビールのコンビが復活することになるが、ウィザーズにはイースタン・カンファレンスをかき回すパフォーマンスを

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA